村上リポート 7 月・8月

短い夏も終わり、いよいよ下半期がスタートしました。7月・8月と大変お世話になりました。
7月には参院選で、8月は夏祭りや地域行事で多くの方々にと交流をさせて頂きました。

7月10日に行われた参院選では、公明党は大阪選挙区「石川ひろたか」全国比例区「熊野せいし」が大勝利させて頂きました。心より感謝致します。同時に兵庫選挙区「伊藤たかえ」も大阪から多くの方々に応援をして頂きました。新人でしかも兵庫選挙区は24年ぶりとなる公明党の挑戦。兵庫は各組合の組織率も高く、過去二回、公明党が涙を飲んだ選挙区でした。
絶大なる支援組織の応援と、今回は保守系の方々の応援も多く頂き、得票数542,090で当選させて頂きました。本当にありがとうございました。
関大出身の国会議員が久しぶりに誕生したことも私的には喜んでいます。ともあれ、女性の視点で、また弁護士の視点で外交、防災、教育、福祉など様々により良く進める一員として頑張ってもらいます。
ありがとうございました!

個人的にはこの8月は親戚で集まったり、兄妹家族と母孝行をしたり、また、子どもを海に連れて行くこともできました。子ども貧困対策や次期学習指導要領の研鑽、各施設の視察などもでき、今後の議会活動に活かしていけそうです。頑張ります!

台風の影響で、岩手など、多く被害がありました。今年は7月まで台風1号が無かった珍しい年でした。

今年の台風発生が少ないと考えられている理由として、エルニーニョ現象の終息があるようです。エルニーニョ現象は、太平洋赤道域の日付変更線付近から、南米沿岸付近での海面水温が平年より高くなり、その状態が1年ほど続く現象で、天候に大きく影響をすることがあり、日本を含め世界中で異常な天候を起こすと考えられています。このエルニーニョ現象、2014年の夏から続いていたのですが、2016年の夏にようやく終息する見通しをみせているとの事です。

しかしながら、立て続けに10号まで発生し、一旦上陸すると大変な被害となりました。岩手県の老人施設では土砂が流れ込み9人の方が亡くなられました。無念であり、ご家族の方々の心境はいかばかりか、残念です。また、浸水した地域もこれから大変ご労苦があります。心からお見舞いを申し上げます。

寝屋川市では平成24年に起こった短時間集中豪雨で床上浸水が1138軒、床下浸水で4675軒のお宅で被害を受けました。私の地域も酷く、床上浸水のお宅でタンスをどかし、絨毯をどかせ畳上げから、処分まで大変でした。何軒も一緒に片付けをしました。当時議員2年目、市の浸水対策が十分でなかったことから大変なお叱りをあちこちから受けました。

従来から治水対策も進めており、その翌年には巨大下水管「増補幹線」が完成、さらには「地下河川」が鶴見緑地まで接続しました。対策はかなり進み、期待もして頂きたいですが、今回の岩手のような一時間雨量50ミリを超えるような場合は寝屋川市も被害が十分に想定されます。ミクロ・マクロ双方含めた今後の取り組みを調査し、取り組んで参ります。

9月。市議会定例会も始まりました。一般質問の機会も頂きました。6月議会では、街宣がハードで質問できなかった分、しっかりぶつけて参ります‼︎  

7月と8月、大変お世話になりました。また、このリポートも合併号となってしまい、すみません。読んで頂きありがとうございました!




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM